Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 看護学部

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部紹介
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 入試情報
HOME > キャンパスライフ > 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

総合大学の看護学科ならではのカリキュラムや学びの環境が魅力。

看護学科では、1年次から少人数制のファーストイヤーゼミが始まり、レポートや論文の書き方などの指導を受けられます。また現場での実習も早期に始まり、私は1年次の9月に、愛知県がんセンター中央病院での実習を体験しました。看護師の方から現場でマンツーマンで指導を受け学んだことは、決して忘れないと思います。患者さまと向き合い、看護師に求められることを直接お聞きできたことは貴重な経験になりました。最近は外国人の方が増えているため、看護の現場や保健指導の際に「使える英語力」を身につけようと、AllEnglishで学ぶ英語の授業に積極的に参加しています。総合大学の看護学科ならではの幅広い学び方ができることが魅力です。

同じ目標を持った、たくさんの仲間と一緒です。

 

確かな基礎力と大学全体の支えを力に、目標に向かう。

教育理念やカリキュラムを見て、「女性として成長しながら看護師をめざせる」と思ったのが、椙山女学園大学の看護学科を選んだ理由です。ここでは、1年次に看護の基本となる知識全般をじっくり学び、2年次から専門性の高い領域の学びを深めていきます。2年次後半から徐々に実習が増え、「自分に本当にできるのか…」と不安を覚えたこともありました。しかし、周囲の仲間と励まし合ううちに「絶対、がんばろう! 」と強い思いに変わりました。また、個性豊かな先輩たちや、「何かあったら相談してください」と親身に声をかけてくださる先生方も、この学科の魅力。ひとりでがんばっているのではなく、大学全体に支えられて看護師という目標に向かっていると思えます。

同じ目標を持った、たくさんの仲間と一緒です。

 
ページTOPへ