Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 看護学部

  • 学部TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部紹介
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 入試情報
HOME > 学部紹介 > 学びの特色

学びの特色

変化の激しい看護の現場で、人と向き合いながら、成長し続ける力を。

1学年100名の学生に対し、約50名の臨床経験豊富な教員陣が、丁寧な対話と指導により、保健・医療の現場から要請されている豊かな人間性と確かな看護実践力を備えた看護師・保健師・養護教諭を育成しています。今日、急速な高齢化や医療技術の進歩がより高度な看護を求めるなかで、本学科では、チーム医療や先進医療に対応した多彩な学びを提供。さらに、名古屋市内の基幹病院を中心とした数多くの実習先を用意し、多様で豊富な臨床経験から看護実践力に必須のコミュニケーション能力を育てていきます。大切にしているのは「人間論」をベースにした患者の気持ちに寄り添う看護。患者のライフサイクルの中でより良い看護を組み立てられる視点を養います。

 

学生4人に教員1人の徹底した個別指導

学生4人に教員1人の少人数制ゼミを核に、学生一人ひとりの学修や実習の相談・指導から国家試験対策、就職サポートまで幅広く対応。1年次のファーストイヤーゼミから4年間を通して徹底指導。

個性あふれるキャンパスで豊かな人間性を磨く

 

総合大学ならではの幅広い学び

専門基礎科目や全学共通の教養教育科目では、人間を理解し、人格の形成の基礎となる科目を成長の段階に応じて多数用意。さらに、看護現場で使える英語力など、総合大学の学際性を生かし幅広い教養と豊かな人間性を育成。

学際性豊かな学びから生まれる独自のカリキュラム

 

視野を広げる多彩な実習先

名古屋市内の基幹病院を中心に多彩な実習先を確保。豊富かつ多様な臨床経験を積むことで、「幅広い看護実践力」「看護に対する多様な視点」「進路選択に役立つ情報」を獲得。

多彩な実習先での経験が視野を広げる

 

 学びの流れ

幅広い学びと実習を組み合わせた独自のカリキュラムと徹底した個別指導を展開

ライフスタイル各期の看護、地域生活者のニーズに応える看護など幅広い専門領域を横断的に学び、それぞれに対応した臨地実習を経験することで、あらゆる医療・看護現場に柔軟に対応できる知識と技術、実践力を身につけていきます。こうした幅広い学びに対して、学生4人に教員1人の少人数ゼミを核に、臨床経験豊富な教員が学生一人ひとりの学修や実習の相談・指導をはじめ国家試験対策、就職サポートまできめ細かく対応し、着実な成長を支えます。

 

図:4年間の学びの流れ

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

ページTOPへ